お役立ち情報

【除夜の鐘、初詣など】年末年始の行事のご紹介

2021年12月23日

今年も残るところあと少し。これまでの一年を振り返り、新しい年がより素晴らしいものになるように祈願することは、新しい一歩を歩んでいくという意味でも年末年始の行事は一つ節目になることでしょう。当山でも大晦日には、皆さんがより良く新年を迎えられるような仏事を執り行っています。

 

◆除夜の鐘 (11時半前ごろ~)

除夜の鐘とは、心穏やかに信念を迎えようという意味を込めて除日と呼ばれる大晦日の夜から行う行事です。古来ではお寺にある鐘はもともと除夜の鐘に限らず日々の日課として百八回打ち鳴らすのが正式な作法でした。これは人間がもつ煩悩の数である「百八」をひとつずつ打ち消す意味がこめられ、現代では特に除夜の鐘の際煩悩を払うために百八回ついていきます。

本行寺でも、地域の方々や檀家様、その他ご参拝者様に向けて大晦日の除夜の鐘を開放しております。当山では夜の11時半ごろに、本堂前の鐘にてご希望者様に鐘をついていただき、新年を迎える準備をしていただいております。

 

◆住職による読経

除夜の鐘とはじまりと同じころから、本堂では住職による読経が始まります。この読経では、本年を無事に過ごすことができたことの感謝と、新年がより良い年であるようにと祈願する意味が込められており、除夜の鐘と並行して行われます。本堂内で行われている読経中はどなたでもお参りができますので、お気軽にお参りください。

 

◆初詣 (元旦より)

初詣は、これまでの一年間を無事に過ごせたことを神仏に感謝し、新しい一年も健全に過ごせるようにご挨拶に行くことです。初詣では、檀家になっている菩提寺や近所の氏神様が祀られている神社さんへのご参拝が基本的なご参拝先になりますが、現代では縁のある寺社仏閣への複数箇所へ初詣に行くこともよろしいでしょう。

大切なのは新年祈願のご挨拶に行くというお気持ちですので、お気軽にご参拝ください。

 

ここまで「除夜の鐘」「読経」「初詣」と大晦日から年始にかけての行事についてご紹介いたしました。年末年始の行事は、これまでの一年を振り返り、新たな一年を迎えるために行われる大切な行事です。

 

本行寺は、茨城県水戸市に根付く400年以上の歴史があるお寺です。ご参拝からご供養、ご祈祷など年間を通していつでも行っており、このような行事・仏事を通して皆様の心の支えになれるよう心がけています。檀家様、地域の方々、その他ご参拝者様による年末年始の仏事参加を心よりお待ちしております。

           

お役立ち情報

12月22日(金) 星祭り開催いたします

2023年12月7日

日頃より当山にご参拝いただき誠にありがとうございます。
本行寺では、2023年12月22日(金)に「星祭り」を開催いたします。

日時:2023年12月22日(金) 18時~19時
場所:本行寺 本堂
※ご祈祷ご希望の方は、12月10日(日)までにお申し込みをお願いいたします。(御祈願代別途)
※ご祈祷にご参加された方には、お札等のお渡しがございます。

<星祭りとは?>
星祭りとは、皆様の災厄を取り除き、良い廻り合わせがあるように祈願する日です。
人それぞれが持つ「星」にはいい巡り、悪いめぐりがあります。
そのような「星巡り」をよりよくするために毎年冬至の日には御祈願を行い、今年と来年の無病息災、交通安全、家内安全などを願います。

           

お役立ち情報

安産祈願はいつやるべき?安産祈願の参拝時期について

2023年10月23日


安産祈願を行うときに、よく聞く戌の日という言葉。日本では、安産祈願は戌の日に行うのが昔からの慣習とされており、多くの方が妊娠5ヶ月目の戌の日に寺社仏閣に訪れ、安産を祈願します。そのときに腹帯をお腹に巻くことから、戌の日参りは帯祝いとも呼ばれています。

 

<”戌の日っていつのこと?>

安産祈願は妊娠5ヶ月目の戌の日に行うと良いとされています。「戌の日」のは、干支の戌を指しています。干支は年だけでなく、日毎にも割り当てられており、12日間で一周していきます。その戌の日に、お産が軽く一度にたくさん子供を生むことから安産の象徴とされている犬にあやかり、安定期に入る妊娠5ヶ月目の最初の戌の日に安産祈願を行うことが風習になり、今でも伝わっています。

 

<他の日だといつに参拝するのがいいの?>

まずは、母子の健康状態が一番大切です。戌の日に体調が優れないときは、お母さん、お子様ともに元気な日に来ていただくのがオススメです。戌以外には、同じように子供をたくさん生む干支である「子の日」や「酉の日」などもお参りに良いとされています。なにより大切なのは、母子の健康ですので、体調と相談してご参拝していただければ幸いです。

 

<戌の日に腹帯を巻く風習の起源>

戌の日の安産祈願では、妊婦のお腹に「腹帯」を巻くことが慣習とされています。まずは、寺社仏閣でのご祈祷を行い、その後に腹帯を巻いていきます。最近では、祝い膳として食事会を行うこともあり、ご夫婦やご家族で赤ちゃんが無事生まれてくるよう「帯祝い」「着帯式」といった儀式を行います。

その起源は、平安時代の皇室で行われていたことがはじめとされています。帯をお腹に巻くことで、胎児を守り、妊婦の腰の負担を減らしたり、お腹周りの冷えを防いだりと様々な効果があります。

 

<まとめ>

妊娠5ヶ月目の最初の戌の日に行う安産祈願は、母子ともに元気に出産できるようにお願いするための儀式になります。安産の象徴である犬にちなんで戌の日に行うことが風習になっていますが、それ以外の日に行うことも多くなっています。一番大切なのは、お母さんとお腹のお子さんの健康です。母子ともに調子のいいお日にちにご参拝することをおすすめいたします。

また、当山では安産祈願のため、下記ご用意しております。

・安産祈願のお札

・さらし布

お経を書いたさらしになります。こちらを腹帯にお付けください。

 

当山が皆様の出産に伴う不安や緊張などをご参拝・ご祈願で払拭できるようおもてなしさせていただきたいと思います。